メディア掲載情報

2018年9月5日放送テレビ朝日 「アレがダメならどうするの?」でディフェンダーX及びメンタルチェッカーが紹介されました

年々、日本に来る外国人の数が増え続けてるおり、旅行者などに危険人物が紛れていた場合にその脅威からどのように日本を守るのか!がキーワードの番組。現在、進められている様々な安全対策について紹介された。

第一の矢としては入国審査の厳格化。第二の矢としては街中に設置する防犯カメラで一体型の包囲網を形成し犯罪を防ごうという仕組みづくりが紹介された。

そして第三の矢として紹介されたのが当社エルシス東京も販売するDEFENDER-X
冒頭、公益財団法人 公共政策調査会 研究センター長の板橋功さんのコメントに注目。「国土交通省がですね、先進的警備システムの実証研究というのを去年の12月にやっています」(板橋センター長)

この先進的警備システムとは、“不審人物や不審物を自動で検知できる”システムのことでDEFENDER-Xの“人の感情を解析し不審者を事前に検知する”という特徴とも合致している。

ELSYS JAPANの野中さんは「カメラの映像を解析するシステムで、犯罪者が犯行を犯す兆候を事前に検知するシステムです」と説明。その仕組みを「人は無意識に首と体を垂直に保つ姿勢をキープしようとするが、犯行前の緊張状態が起こるとその姿勢をキープできなくなり、体が振動(平常時と違う)を起こします」と。

番組では、カフェの強盗犯や万引犯を犯行前に検知するDEFENDER-Xの映像を放送。さらに今回は、逮捕した犯人の精神状態をより深く測定し言い逃れを防ぐテクノロジーとしてメンタルチェッカーも紹介されている。

メンタルチェッカーは、人の精神状態を広範囲に測定し結果表を出力できるシステムだが、実際の運用では、DEFENDER-Xで検知した人を再チェックする為に使われているケースもある。

メンタルチェッカーで感情を丸裸にされたのは“安心してください。はいてますよ”でブレイクした芸人「とにかく明るい安村さん」。まずは、カメラの前で持ちネタを披露してもらう。メンタルチェッカーで顔の周りに表示されるオーラはリラックスを示す緑色。 そこで軽いジャブとして“もつ鍋”について聞いてみる。すると緊張感や動揺がみられるのか黄色が増えてくる。

実は2年前、同級生ともつ鍋店で食事をした後ホテルに入るところ写真週刊誌に撮られている安村さん。その質問については緊張感のほかイライラが出てきたのか赤色が増えてきた。精神状態の乱れがオーラの色でもはっきりと確認できた。

(※上記の記事はエルシス東京による放送内容を要約した文章となります)

番組の詳細はこちら
貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-ディフェンダーX(DEFENDER-X)

犯罪を未然に防ぐ!本来の防犯対策を効率的にローコストで実現できる。お客様は貴社からそんな提案を待っています。一度、提案にディフェンダーXを加えてみませんか。

貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-メンタルチェッカー(MentalChcker)

過度のストレスが事故や事件の引き金となり大きな損害につながる現代。不安を抱く企業にMentalCheckerはキラーコンテンツ。貴社の提案もグッと魅力を増すでしょう。