助成金申請に関するお知らせ

研究やデータ収集を目的としたディフェンダーXおよびメンタルチェッカーの購入に対し助成金を提供

  
概要 ELSYS TOKYO株式会社では、この度ディフェンダーXまたはメンタルチェッカーを研究やデータ収集を目的に使用する法人及び団体に対し助成金の提供を開始します。研究やデータ収集などに取り組まれる企業や団体などを支援することで、人の精神状態の解析を特徴とする両ソフトの活用範囲の拡大に寄与するものと考えております。
該当する研究テーマ 1.ディフェンダーXまたメンタルチェッカーに付帯するシステムまたはサービスの開発
2.ディフェンダーXまたメンタルチェッカーを活用したビジネスモデル開発に伴う情報・データ収集
3.メンタルチェッカーを医療・福祉・教育に活用することを目的とした研究及びデータ収集
4.メンタルチェッカーを自殺・いじめ・児童虐待など社会問題対策への活用を目的とした研究及びデータ収集
5.メンタルチェッカー採用・能力開発・適正診断など人材開発に伴う研究及びデータ収集
助成金申込条件 ディフェンダーX又はメンタルチェッカーをELSYS TOKYO㈱から購入していること
※すでに購入されている場合も摘要に該当する場合は助成金の申請が可能です。
助成金申込方法 以下の申込ページより、助成金申請書をご希望ください。改めてお送りします。
※すでに購入されている場合も摘要に該当する場合は助成金の申請が可能です。
助成金額 ディフェンダーXは定められた助成金を最大2回提供
メンタルチェッカーは定められた助成金を1回提供
※金額は助成金申請書類に記載しております。
ディフェンダーXとは 防犯カメラの映像を解析し人の精神状態を測定し異常値を出す不審者を検知できる防犯システムとなります。詳しくはディフェンダーXのページをご覧ください。
メンタルチェッカーとは 精神状態と相関関係にある人の微弱な振動をカメラの映像を解析することで測定し精神状態を分析するシステムです。医療機関でも使われ始め、日経ビジネス11月12日号でも取り上げられました。
詳しくはメンタルチェッカーのページをご覧ください。
当サイトからの<申込方法> ①以下の「申込フォームへ」ボタンで申込フォームを開きます。
②ご要望内容:「助成金申請書希望」を選択してください。
③以下、会社名・所在地・電話番号・FAX・ご担当者名
・所属部署・メールアドレスを入力のうえ送信をお願い致します。
申込フォームへ
貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-ディフェンダーX(DEFENDER-X)

犯罪を未然に防ぐ!本来の防犯対策を効率的にローコストで実現できる。お客様は貴社からそんな提案を待っています。一度、提案にディフェンダーXを加えてみませんか。

貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-メンタルチェッカー(MentalChcker)

過度のストレスが事故や事件の引き金となり大きな損害につながる現代。不安を抱く企業にMentalCheckerはキラーコンテンツ。貴社の提案もグッと魅力を増すでしょう。