メディア掲載情報

NHKニュース シブ5時の「特集 防犯最前線!犯行前に警告」でディフェンダーXが紹介されました。

NHK夕方のニュース「シブ5時」で最新のセキュリティ技術に関する特集が放送された。従来の防犯カメラは犯行を記録するものだが、今のトレンドは最先端の技術を使い犯行前に警告や不審者を発見できる“予防”を目的としたシステム。背景には、東京五輪に向け一層厳しい状況にある警備員不足があるとのこと。

特集で紹介されたのは、顔を認識し事前登録した重要人物を特定する顔識別システム。続いてその場に適さない異常行動をカメラで捉え不審者を発見するという行動識別システムだ。そして3つ目にトリとして紹介されたのが“人の感情を読み取り不審者を識別するシステム”でこれこそエルシス東京が販売するディフェンダーX。ちなみにディフェンダーXがNHKで紹介されるのは今回で3回目となる。実際にシステムをスタジオに持ち込みでデモも行われた。カメラ越しにはアナウンサーの松尾剛さんを映り、モニターには感情を可視化した輪郭が青色っぽい映像も確認できる。説明にはエルシスジャパンの守屋氏が登場。

ディフェンダーX-NHKニュースシブ5時

ディフェンダーXの特徴を不審者として判定するのは、感情のうち緊張・ストレス・攻撃性の3つデータだという
そしてこの感情を読み取る技術は、人の目に見えないレベルの微弱の揺れ(振動)を測定し導き出されている。下の緑色のメーターでその結果が確認でき、表示される数値が60を超えると不審者となり、メーターも赤色に。

アナウンサーの寺門亜依子さんから、「ただ緊張は悪いことを考えている時だけでなく、例えば好きな人の前でもあるのでは…」と質問。守屋氏は「確かに緊張したりドキドキしたりはするかもしれないが通常の恋愛には攻撃性という感情は無いのではないか。攻撃性が加わることでストーカーになったりという可能性があると説明。

安達宜正解説委員からは、「万引にも役立ちますか」との質問が。

ディフェンダーX-NHKニュースシブ5時

守屋氏は役立ちます。万引犯や盗撮犯が犯行に及ぶ前に検知しているケースもあると説明。
ここで実際にとある書店で万引犯が検知した映像が流れる。一見、通常の買い物客に見える検知された男は、ガードマンが追跡したところ大量の本をもって人目のつかないところに移動し窃盗を行っていたとのこと。常習者で逮捕されたという。

松尾アナから、映像を見ると顔がアップでなかったり、鮮明ではないように見えるが大丈夫なのかとの疑問も。守屋氏は顔だけでなく体の震えも解析して不審者として検知するか否かを判定していると説明。

また、ディフェンダーXには、録画映像を解析し不審者を特定する機能があり、この事例として2013年のボストンマラソン爆破テロの映像紹介。監視カメラの映像を解析したところテロを実行する前にカメラに映った実行犯の2人を検知していることがわかった。

寺門アナから、録画を解析する機能はどのように活用されるのかとの質問。守屋氏は。例えば大勢の中から共犯の可能性のある人を絞り込むといったこともあると、一例を示した。

安達解説委員からは、冤罪のは恐れはないのかと運用上の疑問点を指摘。守屋氏は冤罪の可能性は低い。運用では検知段階でガードマン等に知らせ不審者をマークするなどして犯行に及んだ時に確保という形になる。人が介在するのでほぼ冤罪の可能性はほぼ無いといえる。

松尾アナは、こうした技術がどんどん進んでいくのは避けられないが、知らず知らずのうちに監視されたりする可能性もあり、使い方によっては怖い側面もある。利用する側も振り回されないように対策を考えてる必要があるのではないかと指摘していた。

(※上記の記事はエルシス東京による放送内容を要約した文章となります)

番組の詳細はこちら
貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-ディフェンダーX(DEFENDER-X)

犯罪を未然に防ぐ!本来の防犯対策を効率的にローコストで実現できる。お客様は貴社からそんな提案を待っています。一度、提案にディフェンダーXを加えてみませんか。

貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-メンタルチェッカー(MentalChcker)

過度のストレスが事故や事件の引き金となり大きな損害につながる現代。不安を抱く企業にMentalCheckerはキラーコンテンツ。貴社の提案もグッと魅力を増すでしょう。