メディア掲載情報

神奈川新聞 2017年4月01日 テロ対策として不審者を事前検知するデイフェンダーXを横浜港大さん橋に導入

監視カメラで撮影した人物の精神状態を解析して「可視化」し、テロリストなど不審者を事前に検知するセキュリティーシステムが4月から、横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルで稼働する。国内の公共施設で本格導入されるのは初めて。

「DEFENDER-X」(ディフェンダーX)は無意識に生じる頭や体などの微振動に着目し、攻撃性や緊張、ストレスなど50パターンの感情を独自ソフトウェアで解析する。 ある人物を不審者として検知した場合、警備室のモニターに赤色の枠で示すとともに、アラームを鳴らして警備員に注意を呼び掛ける。映像は録画され、捜査機関が活用できる。システムはインターネットに接続しておらず情報漏洩の心配はないという。

ロシア政府の研究機関を母体とするエルシス社が10万に以上の事件データを基に開発した。日本総販売元のエルシス・ジャパン(東京都品川区)によると、ロシア国内の空港をはじめ、欧州やアジアなど約20ヵ国で稼働し、日本でも2016年の伊勢志摩サミットで導入実績があるという。

国内最大級の客船ターミナルである大さん橋側は「導入は犯罪の抑止につながる。横浜港からテロリストを入国させない」。エルシス・ジャパンの四方堂(しほうどう)亘(わたる)さんは「20年の東京五輪を控え、全国の空港や新幹線などの駅で活用してほしい」と話した。

(写真はDEFENDER-XのノートPCモニター)
「ディフェンダーX」で解析された映像を監視する警備員=横浜港大さん橋国客船ターミナル警備室

2017年4月01日 神奈川新聞 不審者を事前検知 大さん橋に防犯システム導入
貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-ディフェンダーX(DEFENDER-X)

犯罪を未然に防ぐ!本来の防犯対策を効率的にローコストで実現できる。お客様は貴社からそんな提案を待っています。一度、提案にディフェンダーXを加えてみませんか。

貴社のビジネスが変わる ELSYS東京からの企画提案-メンタルチェッカー(MentalChcker)

過度のストレスが事故や事件の引き金となり大きな損害につながる現代。不安を抱く企業にMentalCheckerはキラーコンテンツ。貴社の提案もグッと魅力を増すでしょう。